えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

以外に簡単!子供たちの晴れの日は、自分で着付けてみよう

可愛い我が子の着物を自分で着付けたい!そう思う人は多いと思います。私も着付けをするはしくれとして、そうとう意気込んでおりました。三歳になり、いざ七五三!と思ってふたを開けたら、とっても簡単で拍子抜けしました。自分で着物を着るよりも気楽に着せられ、達成感もありますので、お子さんの着付けを、独学着付けのスタートにしても良いかもしれません。

子供の着物についてご紹介します。七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の行事です。3歳、7歳が女の子、5歳が男の子の儀式とされるのが一般的です。行事に出るのは、数え歳でも満年齢でも良いです。しかし、数え歳の3歳というと、実年齢2歳になり、お子さんが小さすぎて着物を着付けるのが大変な場合がありますので、そのことも考慮して着物を準備しましょう。

3歳の着物は、赤ちゃんのお宮詣りの掛け着を「のしめ」と言いますが、これを3歳のお祝いの時に着せる慣しがあります。この着物は、「一つ身」という裁ち方で作られていて、身幅が狭いので、目安として3歳ぐらいまで着られます。のしめは、昔の作りでは、3枚重ねで作られていましたが、最近では、上着と、長襦袢の2枚重ねが多いです。これを、着られるように縫います。

1.着物の袖口を4寸(12センチ)ぐらい残して、袖口の下を縫い、たもとに丸みをつけて縫います。長襦袢も、着物と同じように丸みを付けて縫い、半衿を付けます。

2.着物、長襦袢についていた、肩掛けの紐の位置を下にずらして、胸紐になるようにします。

3.体に合わせて、肩揚げ、腰上げをします。

一見難しいように感じると思いますが、基本は直線縫いですし、最後に被布を着るので問題無いと思います。肩揚げ、腰上げも、タックを作って直線縫いなので、簡単です。いろんなサイトでも、取り上げられているので参照してみて下さい。

7歳女児の着物は、「本裁ち四つ身」という、大人と同じ着物の裁ち方をします。ですので、大人と同じように着付けることになります。ここで選ぶ着物は、大体12歳頃まで着られます。よく、本裁ちしておくと大人になるまで着られると言うことを聞きますが、裁ち方が大人と同じと言うことだけで、体の成長と、年齢に合わせた色柄を考えると、難しいと思います。今の年齢に合わせた着物を選ぶ事が、今一番可愛く着せる為に、大切な事になります。

3歳、7歳の共通の着付けるポイントは、衣文(えもん)を抜きません。裾線も歩き易いように、長すぎないように注意します。それ以外の基本的な着付けの注意点は大人と同じです。3歳の帯はへこ帯という柔らかい帯で締めます。7歳の帯には、既に形になっている帯がありますので、そちらを利用すれば、より着付け易くなります。

5歳男児の着物は、成人男性と同じ紋付羽織袴です。着付けるポイントは、7歳女児と同じように、衣文を抜かず大人に準じた着付けにしますが、袴をはきますから裾は短めにします。帯は角帯を使い、後ろのリボンになる部分は、袴の腰板の幅より大きくならないように折ります。袴の紐の表に出る部分は、十字または、一文字で結びます。この結び方が少しコツがいると思いますが、こちらも詳しく各種サイトで掲載されていますので、参照してみて下さい。

子供に着付けるのは、時間との勝負です。小さいお子さんはじっとしていられません。苦しくなく、可愛く着付けてあげましょう。子供には、大人程の着こなしを求められません。楽に着られて、途中ではだけなければOKです。着方の手順を見られるわけでは無いので、おそれず一度チャレンジしてみて下さい。