えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

さっぱりワカンナイ!着物の生地ってどんな種類があるの?

店頭に並んでいる着物を見た時に、どの様な素材で出来ているか等すぐわかりますか?ここでは、良く取り扱われる生地の種類を紹介します。

今日、数多く出回っているのが、正絹(しょうけん)と言って、蚕(カイコ)と言う昆虫が作った繭(まゆ)を、製糸したものと、化学繊維のポリエステルです。価格は、正絹とポリエステルで比べると正絹が10倍以上するのはよくある話です。着物に詳しくない人でも、「着物と言えば正絹」というぐらい周知の事ですが、この正絹の中にも種類が有るのです。

正絹で夏の代表的な着物と言えば、絽(ろ)と紗(しゃ)があります。生糸から2本のたて糸をもじりながら、よこ糸と織り込んで出来た、目の粗い生地になります。絽は6、7月と9月に着ます。フォーマルに相応しい生地なので、留袖、訪問着などに仕立てて着ることが出来ます。紗(しゃ)は、うすぎぬとも呼ばれており、絽よりもより透け感が高くカジュアルから、セミフォーマルまで着ることができますが、おおよそ8月のみしか着用しないので、出回る数も限られており、とても高価です。高価であっても改まった席では着用出来ないおしゃれ着ですので、価格が高ければどこにでも着ていけるわけでは無い事を理解しておきましょう。

絽と紗が夏の着物と言いましたが、その他の季節は、10月~5月が袷(あわせ)という裏地を付けた着物、6月、9月が単衣(ひとえ)という裏地の無い着物で過ごします。

その他に、お召(めし)という着物があります。これは先練りという、織る前に絹糸についているたんぱく質を取り去って染色し、強い撚りをかけます。この糸を使用して織った着物のことを指します。正式名称は御召縮緬(おめしちりめん)と言い、織った際に生ずる凸凹が上品な風合いを出しています。徳川十一代将軍の家斉が好んでお召しになったことから、お召という名前になったそうです。経産省指定伝統工芸品でもあり、着物生地の中でも、とても上級な織物として有名です。

また、使用される絹にはグレードがあり、くず繭を紡いだ太く節のある糸を使用したものを紬(つむぎ)といいます。ボリューム感があり、素朴さが魅力です。また、軽量でとても暖かいのも特徴と言えます。大島紬などが有名で高価ですが、普段着、街着用となります。

絹以外の素材では、麻でできた着物生地で上布というものがあります。薄手で軽量、ハリのある夏用の生地です。高価ですが、普段着、街着用となります。

少し昔では、ウールの着物が普段着用として多く出回っていました。丈夫で汚れにも強く、夏用のウールもあります。現在では、化学繊維のポリエステルが汚れに強く、家庭で洗濯できて、安価なので、ウールに代わって出回っていますポリエステルの着物は「洗える着物」などと呼ばれ、その名前通り、簡単に洗え使い勝手が良いので、気軽に着物を始めてみたい人にもうってつけです。振袖などもかわいいデザインが沢山あります。着物は正絹で、肌が触れやすい長襦袢はポリエステルにすることで、お手入れが簡単になるので、活用している人が多いのです。