えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

浅~く着物の歴史を感じてみよう

日本の民族衣装の着物は、和服とも言われています。「和」=「日本」という事で、洋服に対して和服と言う言葉が、明治時代に生まれました。洋服との違いは、洋服は体の線に合わせて、立体的に裁断縫製をしてつくられる立体縫製に対して、和服は直線で裁断縫製される直線縫製です。直線断ちの着物は、折り畳みが簡単で、重ねて着る事や素材を変える事で、寒暖の変化に対応できたため、重宝がられて日本の生活に定着していきました。機能性で始まった重ね着ですが、色彩の感覚が発達してくると、色の組み合わせや色の数が、階級や身分を表すものに変化していきました。

鎌倉時代、室町時代では、女性のみならず男性までも、鮮やかな色の着物を
着るようになりました。江戸時代では、徳川家の安定政権の下、武士の制服と言われる裃(かみしも)の発達が、着物を作る技術を高めました。それにより、着物が美術工芸品として、高い価値をつけられ、家の財産として着物が親から子へと相続されるほど、高級なものとして扱われました。現代ある和服のほとんどが、この頃に生まれたもので、織り、染色の技法が大いに発展し今にも受け継がれています。

明治時代は、明治維新によって西洋衣装が入り、文明開化と共に服装も、和装と洋装が混在する時代となりました。帯の形では、お太鼓結びが浸透して、定番となり多く結ばれていました。この時代は和装、洋装、同じぐらいの頻度で着られていた様です。街を歩けば、着物と洋服が共存してる光景がそこにはあったわけです。着物好きとしては、たまらない景色ですよ。そんな中に混じって歩いてみたいものです。

大正時代には、女性より一足先に、男性の洋装化が進み、背広が流行となりました。女性では、赤を中心とした派手な羽織などが出回りました。昭和時代に入り第二次世界大戦が始まると、着物はモンペに変わり、派手さが無くなっていきました。戦後には、すっかり洋装に移行しました。着物が日常着から遠ざかるとともに、和装の色味が、赤などから淡色に変化し、派手さより自然な風合いが和装の魅力を引き立たせる事になりました。

平成時代に入り、洋装を取り入れた着物が流行しています。例えば、花嫁衣装の場合、白無垢(しろむく)といえば、着物が白で、長襦袢は赤が基本ですが、今では、白無垢と言いながら淡いピンク色であったり、花びらが染色されていたり、着物の上衣にピンクのオーガンジーを羽織ったりします。訪問着にシルバーアクセサリーにある様な、ドクロマークが入っている物もあり、多様化しています。私も過去に、ピンクの白無垢を着たことがあります。モデルの評価は置いておいて、とても可愛い着物でした。

古典柄を好む人からすると、邪道だとの声が聞こえてきそうですが、現代の洋装のデザインを取り込んだ着物は、洋装社会の中でも、うまく溶け込んで、和装の良さを改めて感じさせてくれます。現代の和装離れを食い止める為の一助となっている事は、間違いないと思います。