えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

着物を着る方法って、正解があるの?

着物を自分で着る場合に、何を参考にすれば良いと思いますか?本一つ選ぶにも、「○○流」などとあり、どれが良いか迷うことと思います。全国にある着付け教室によっても、教わり方が異なります。ですが、異なる学校で着付けを習っていても、仕上がりは同じです。昔の人は、着付けを習わずとも、日常着として着物を着ていたように、誰でもできる普通の事だったのです。着付を教える事や、教室の存在は、いかに着やすく綺麗に着るかのノウハウを教えてくれる場であり、どこで教えを受けても、着上げた着物姿に大きな違いは有りません。つまり、着方には正解は有りません。

着物には、細かな用語が沢山有ります。知っていた方が理解はしやすいですが、言葉を知らなくても着る事が出来るのです。皆さん普段から、厳密に洋服のコーディネートを考えなくても服を着ていますよね。着物もその様に考えると、難しいものではないのです。

いざ、着付け教室に通ってしまうと、どっぷりその教室の着付け方をマスターします。マスターした技術が、全ての人に使えるかと言ったら、NOだと思います。なぜならば、様々な体型の人に、お客さんの要望に応じて、お客さんの持参した小道具で着付けるのですから、教室で習った決まり事だけを守っていては、上手に着付ける事はできません。例えば、お母さんから譲り受けた着物の大きさと、自分の待っている長襦袢では、当然サイズが合わないので、袂の長さが違うなどの不具合が出ます。しかし、このようなとは日常生活では当たり前のことで、これをどうやってバランスよく着付けるかがポイントだと思います。

例えば、体の大きな人が、身幅の小さい着物を持ってきた場合、下前の被せを出来るだけ最小限にして、上前の被せが少なくなり過ぎないように注意して、着付けます。これは、上前の被せが少ないと、脇線が見えるので、太く見えてしまうのです。また、着物と長襦袢の袖の長さが違う時は、長襦袢が長ければ袂下を折って縫ってしまうか、着物が長ければ、長襦袢が出てこないように、着物の袂口の一部を縫いとめてしまえば、綺麗に収まります。これは、着物を着せる人のセンスにかかってきます。

自分の学んだ技術を元に、どうすれば上手く着付けられるかを考える事が、難しさの中に面白さや発見が有るのだと思います。着る人に合わせた着付けができた時が、着付けの正解といえると思います。独学にせよ、教室に通うにせよ、まず始めはいずれかの流派に属する事になります。着付けに慣れてきたら、その流派を軸にして、他の着付け方法を参照したりして、知識を増やしていくと、どんなシーンでも困る事なく、着付けられると思います。思いきって、我流の方法も試してみるのも、着付けの上達への道となります。着る人が本当に喜んでくれる着付けができれば、こんな嬉しい事はありませんね。型にはまらない考え方をする事で、着物の技術は向上するものなのです。