えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

着物と紋の関係とは

家紋とは、出生場所である家との関係を表し、個々の名字と共に受け継がれている、日本の紋章のことを指します。自然から取り入れた紋章が多く、草花、扇、亀甲、波、雲などを形にしたものが多く、今日では5000種類あるとも言われています。日本では着物に「紋」を入れますが、これは家紋からきていて、この様に衣装に紋章を付けるのは、日本独特のものとなります。着物に「紋」を入れる事で、礼装となりますが、紋の数に応じてその着物の格付けが変わります。

「染め抜き日向五つ紋」が正礼装になり、両袖、両胸、背中に配します。

「染め抜き日向三つ紋」が準礼装になり、両袖、背中に配します。

「染め抜き日向」、又は「陰紋」、「縫い紋」のいずれかで、背中に配します。

平安時代に家紋を付ける風習が始まりましたが、着物に「紋」を付け始めたのは、一般庶民に名字が与えられるようになった、明治時代になってからです。礼装の事を式服とも呼び、「紋」の付ける位置、形が一定になり、現代へと受け継がれてきました。「紋」の数にも格付けがありますが、染め方にも格付けが有ります。上位から表すと、着物を染める前の下地の白で紋を表すのが「染め抜き紋」。黒又は他色で紋を描く「染め紋」。刺繍を施す「縫い紋」となります。これらそれぞれの技法の中に、更に複数の技法が存在します。その中でも、「染め抜き紋」は、技法の違いで格付けに差が出ます。

「染め抜き日向紋(ひなたもん)」は最高格になり、留袖、黒喪服、男性用の第一礼服にのみ、五つ紋を付ける事が出来ます。「染め抜き中陰紋(ちゅうかげもん)」は、着物の種類とのバランスによって使い分けますが、日向紋だと大げさになる場合や、着物の地色が淡色で紋が映えない場合に付けます。日向紋より格下の位置づけになりますが、日向一つ紋と、中陰三つ紋を比べた場合は、中陰紋が格上となります。「陰紋(かげもん)」は、略式紋となるので、一つ紋で使う事がほとんどです。

現代では、「しゃれ紋」という、言葉どおりおしゃれ感覚で用いる紋のことで、自分の好きな草花をデザインしたり、家紋を自分流にアレンジしたものを着物に付けます。装飾用の紋ですから、紋の数や大きさに決まりごとは無く、それらによる格の上下は存在しません。しゃれ紋の種類として、加賀紋、華紋、伊達紋、友禅紋などがあり、付け方には染めと、縫いがあります。

嫁入り道具として持たせる着物に、紋を入れることがあります。女性の実家の紋を入れる場合と、嫁ぎ先の紋を入れる場合とあります。基本はどちらを選んでも問題ないのですが、地域によって考え方が様々なので、紋入り着物を作る時は、嫁ぎ先や地元の呉服屋さんなどに相談するのが無難です。

現代において着物の紋は、その昔身分の格差を表していた様な効力はあまり無いようです。使いやすさを重視してか、訪問着などでも紋を入れない傾向が有ります。だからといって、紋が不要になったわけではありません。紋がある事で、格が高すぎるという場合もあるでしょうが、紋の付いた着物を着てどこかに出向くというこは、その先方の事を大切に思い、真摯に向き合う誠意が、紋付の着物に表われるのだと思います。

1.きものれっすん七緒
思わず着物を着たくなるようなほっこりしたサイトです

2.これでモテる!キレイめメンズファッション講座
男性向けのファッション講座。画像が豊富で分かりやすいです

3.FASHIONきもの嵯峨野
卒業式に着てみたくなるような着物のサイト。家紋シールもあり。

4.着物直しませんか/小久保和裁研究所
着物の仕立て屋サイト。着物の魅力に取りつかれそうです

5.ワンプラスワン
パワーネットを使った洋服専門店。値段もお手頃です

6.華粋 ~日本てぬぐいを華やかに粋に~
手ぬぐいをオシャレな小物にリフォームしてくれる!

7.京都の嵐山にある着物レンタル&着付けショップ
着物の貸衣装のサイト。テレビでの実績もあり信用できそうです

8.着付けサロン 和笑美‐warabi‐
大阪の着付けサロン。着物の魅力が伝わってきます。

9.花伎舞踊研究所
日舞教室のサイト。初心者も気軽に習えそうです