えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

帯って長さも形も色々だけど、使い分けする理由はなに?

着物同様に、帯にも様々な種類が有ります。形、長さ、素材などによって、使い方も変わります。着物と合う色柄を考える事は大切ですが、その前に、着物に礼装、普段着と格が有ったように、帯にも格が有り、どの様な着物と合わせるか、決まりが有ります。格式、素材、色柄のバランスを考えて、正しく、美しく着物を着ることが大切です。

代表的な帯の形には、丸帯、袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯、半幅帯があります。

丸帯は、主に礼装用に使用されており、留袖、花嫁衣裳などに用いられ、一番格の高い帯です。紋織の生地を二つ折り(筒状)にして仕上げるので丸帯と呼ばれています。この作り方によって、表裏に柄がありますので、どの様な結び方をしても柄が出るので、結び上りが豪華になります。長さは袋帯と同じぐらいです。表裏が織面の為、すべりにくいので体に巻き付けにくい事、価格が高い事もあって、数が少なくなってきました。

袋帯は、礼装用を始め、いろんな着物に使用されております。丸帯の代替として礼装用に使われていましたが、現代では、礼装と言えば袋帯、というぐらい浸透しています。二枚に織って縫い合わせた縫い袋が主流で、袋状に仕上げる事から、袋帯の名称が付きました。長さは、現代のものでは約4.2mあります。帯全体に柄が有るものを「全通(ぜんつう)」、6割程度柄が有るものを「六通(ろくつう)」と呼びます。全通と六通の格差は無く、六通の場合は、巻き付けた時に、見えない部分に無地がくる為、締めやすく、価格も若干安価となります。

九寸名古屋帯は、お太鼓の巾が8寸(約30センチ)、長さ約3.6mになります。お太鼓部分を並幅にして、胴回りを半幅にし、芯を入れて縫い合わせて仕立てます。胴回りが半幅にしてあるため、袋帯の様にかさばらず、結びやすいのが特徴です。普段着、街着に使用し、お太鼓結びが基本で、変わり結びにはあまり使われません。

八寸名古屋帯は、お太鼓の巾が、生地の状態で八寸(約30センチ)となります。両端をかがるなどして、生地の巾そのままで仕立てます。生地は厚手のものが多いので、芯を入れずに仕立てます。

半幅帯は、帯生地の巾を半分に折って、芯を入れて仕立てたもので、普段着や浴衣用に使います。帯幅は、八寸、六寸、四寸などがあります。

なぜ使い分けするかですが、名古屋帯や半幅帯は袋帯を簡単にしたものですので、礼装には使えないのです。例えば、礼装の留袖に簡略帯の名古屋帯をするのは、ドレスにサンダルを履くようなものです。着物に詳しくないと、そんなに滑稽に見えないかもしれませんが、そこが着物の難しいところでもあり、奥深いところでもあります。染めの着物には織りの帯をまき、織りの着物には染めの帯をまく、などとも言われます。バランスが大切ですが、洋服の様に個人のセンスが重要では無く、フォーマルとカジュアルの帯の違いを理解しておけば、恥ずかしい思いをすることは無いと思います。

礼装で名古屋帯を使用できる唯一の着物が、喪服です。お太鼓結びの際に、名古屋帯は一重、袋帯は二重になります。「悲しみが二重に重なりませんように」との思いから名古屋帯で結びます。地域の風習により違いは有りますが、この様な事から、着物と帯の組合せが大切になります。