えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

着物の小道具は、必ず必要なのかしら?

着物を着る為には、さまざまな小道具を使います。昔は、紐だけで着物を着ていましたが、近年では綺麗に着る為に沢山の小道具が出回っています。どのような小物が有るかご紹介します。

着物は、下着→補正→襦袢→着物→帯、の順番で着ていきます。それぞれで必要な小物があります。下着で必要なものは、和装ブラジャー、肌着、足袋となります。

①和装ブラジャーは、胸を平らにしてくれます。着物では、寸胴にすることが美しく着るコツとなります。

②肌着は、綿、レーヨンなど有りますが、汗をよく吸う綿がおススメです。スリップタイプと、肌着、裾よけのセパレートタイプが有ります。初心者には、スリップタイプが使いやすいと思います。

③足袋は、着物用の靴下の様なものです。足首の当たりに、金の留め具があるものが主流ですが、留め具の無い靴下タイプのものなどもあります。

補正で必要なものは、パッド、タオル、綿花などです。補正は、体型に関わらず必ずしましょう。寸胴に補正することで着くずれを防ぎ、綺麗に着物が着られます。専用パッドがありますが、お家にあるタオル、綿花で十分補正できます。

襦袢で必要なものは、半衿、衿芯、襦袢、伊達締めです。

①半衿は、長襦袢の衿に縫い付けて使用します。汚れを防ぐと同時に、色柄のものを使うことで、衿もとのおしゃれにもなります。フォーマルでは白を使いますが、普段着やおしゃれ着ではどんなものを使っても大丈夫ですので、手持ちの生地を半衿として使っても楽しいでしょう。

②衿芯は、長襦袢の半衿の中に通して使用します。衣紋の綺麗な曲線を作るために必要です。

③襦袢は、肌着の上に着ます。着物に肌が触れるのを防ぐので、着物を汚さず、足さばきを良くします。襦袢には、長襦袢(ワンピースタイプ)と二部式襦袢があります。

④伊達締めは、長襦袢の前を止める小さな帯のようなものです。巻き付けて結ぶ正絹の伊達締め、マジックベルト、ゴム入り伊達締めなど、いろいろあります。一般的に、長襦袢と着物に各1本ずつ使います。

着物で必要なのは、腰紐、着物ベルト、前板です。

①腰紐は、長襦袢、着物で使用します。この紐をすることで、着物をずれる事なく固定します。緩みにくいので、着くずれもおきにくいです。

②着物ベルトは、着物の上前、下前から衿をひっぱり、衿元から着くずれを防ぐものです。

③前板は、帯板(おびいた)のことで、帯を締める前に帯の中に入れて使用するものと、着物に直接付けるゴムのバックルの付いたものがあります。帯を締めたときのシワを防ぎ、帯を美しく見せます。

帯で必要なものは、帯枕、帯締め、帯揚げです。

①帯枕は、お太鼓結びや、飾り結びの際の形を作る時に使います。帯の結び方によって、枕の大きさも変えます。

②帯締めは、結んだ帯のくずれを防ぐ為に、帯の上に締める紐です。

③帯揚げは、帯を飾る布で、帯枕に包んで帯の形を整えながら固定します。

着物の小道具には、綺麗に着付けする為のコツが詰まっています。ほとんどの小物が必要なものだと言えます。小物を一から揃えると、お金もかかりますが、一度揃えれば長く使える物が多いので、揃えることをおススメします。また、補正グッズや紐などは、自分で作ることも出来ますので、お金のかからない工夫をして準備するのも良いと思います。