えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

不要な着物をリメイクして、可愛い小物に大変身してみる

着物や浴衣を見る機会はめっきり減りました。浴衣は、夏祭りのシーズンであればちょくちょく見ますが、着物などは、結婚式で着るくらいでしょうか。着る機会が限定されてくると、毎度着る着物も同じになっていきますよね。着ないとわかっている着物をいつまでも置いておくのは、邪魔でもありますし、着物にとっても可愛そうですよね。

そんな場合は、リメイクしてみたらいかがですか。本来はいらなければ処分するのが、一番早いと思います。しかし、譲り受けた着物や、誂えてもらった着物などには、思い出が詰まっていて、ひと口に処分すると言って簡単に片付けられるものでは無いと思います。また先急いで処分して、後からその着物の価値(値段だけではありません)が判明しても、もう戻ってきません。その点、リメイクなら自分の必要とする物に変身しているのですから、じゃまになる事はありません。譲り受けた思い出もそのまま残しておけますよ。

リメイクの一例として、和装小物、コート、普段着、ドレスなどがあります。コートなど、次も衣服に作り直したい場合は、プロにまかせたほうが良いと思います。ちなみに私は、巾着袋にしました。紐の縛ってある部分も着物生地で包んで、裏地も付けて、ほぼ100%着物の巾着袋です。この中に着物クリップを入れて愛用しています。着物姿で、持つ小物もすべて着物生地だったら、とてもオシャレだと思いませんか?

昔、布が無い時代は、着物や帯は貴重品でした。着物として着られなくなると、使える部分を使って、羽織や襦袢に仕立て直しました。それがくたびれてくると、まだ使える部分を使って、座布団や、布団のつぎはぎ、袋物を作りました。それも使えなくなると、お手玉にしたり、最後はハタキとして使っていました。繊維素材も向上して、洗える便利な化繊の着物も流行しました。それでも今なお受け継がれている着物素材の主流は、高級素材である絹なのです。使い捨ての時代とも言われる現代だからこそ、使わない大切な着物をもう一度、蘇らせてあげたいものですね。

最近では、テレビで着物のリメイク講座があったり、リメイク教室、リメイクの本まで出ているので、一度探してみて下さい。リメイクの本は、一般的な手芸本と変わらないので、手芸好きな人なら、簡単に実践できると思います。洋裁の様に型紙が付いていたり、視覚で学べる実践DVDがついていたりと、優れた本が出版されています。この様な本を活用すれば、すぐにリメイクが始められます。

和装小物は、外国人にも人気が有りますが、日本人の着物にあまり興味が無い人でも購入する人が多いようです。和柄の繊細さが誰からも愛されるのかもしれません。スマホのストラップ、カバーでも和柄が流行っています。着物リメイクは、手縫いでティッシュケース、巾着、お箸入れなど、簡単に作れるものが多くあります。これを機会に、着物を譲ってくれたお母様や、おばあ様にプレゼントするのも良いアイデアかもしれませんよ。