えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

シーンによって着ていい着物とダメな着物があるの?格とは

服装には、着て良い場所と、ダメな場所がある事は皆さんご存知だと思います。和装、洋装の違いに関わらず決まりがあります。近頃は、洋装の場合では少し制約が緩くなっているなと感じますが、和装の場合は昔から変わらず、きっちり線引きされています。

冠婚葬祭や儀式などの改まった席に着用する着物を礼装と言います。礼装には、正礼装、準礼装、略礼装の順で格が高く、着物にある紋の数で格がわかります。

正礼装には、黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があり、染め抜き日向紋(ひなたもん)が5つ入っています。黒留袖は既婚者(ミセス)のみ、本振袖は未婚者(ミス)のみが着用します。黒留袖は、身内の慶事の時に着用するなど、最も格式の高い着物となります。本振袖については、花嫁衣裳として着用される事が多く、現代では準礼装の振袖が未婚者(ミス)に多く着用されています。

準礼装には、振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があり、染め抜き日向紋が3つ又は1つ入っています。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)は区別せず着用できます。ただし、振袖についてはいろんな説があります。一般的には、振袖は未婚者(ミス)の着物という認識が強いので、既婚者(ミセス)の振袖は着用しない方が良いとされます。結婚式などに招待された場合や、パーティーやお茶会などの正礼装で行くほどかしこまった席でない場合に着用できます。

略礼装には、付下げ、色無地、江戸小紋があり、紋は1つ入っています。略式という事ですので、格の高い染め抜き日向紋を使用せず、陰紋、縫い紋などで紋を入れる事もできます。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)を区別せず着用できます。

上記に挙げた着物が、改まった席に着ていける着物となります。それ以外の着物が、普段着、街着となります。小紋、紬、ウール、浴衣などです。小紋については、紋が入れば略礼装として使えますので、知っておくと良いと思います。

こう考えてみると、改まった席に着ていける着物って多いもんですよね。紋が入っているだけで格が上がり、どこへでも着ていける一枚になるのですから。最近では紋をつけるのが減ってきたのか、街のきもの屋さんで訪問着などを購入しても、紋を積極的に勧められることはありません。ちなみに、準礼装の訪問着ですが、紋を入れないと略礼装と格落ちします。しかし、着用する場所はさほど変わりません。その様な背景もあって、簡略化されてきたかもしれません。

着物は、値段が高ければどこへでも着ていけるものではありません。購入する際は、着ていく場所を想像したり、今持っている着物の種類を把握した上で検討すると良いと思います。

私は以前に、大島紬でパーティーに出かけたいと思いましたが、母に普段着だからやめなさいと止められました。その時はなぜダメなのか理解できませんでした。良い着物であっても、TPOを守らなくては、せっかくの着物が台無しになります。素材が良いものにばかり目が行ってしまいがちですが、化学繊維でも素敵な振袖や、訪問着があります。適した場所に、適した装いでいくことは、自分が周りからどのように見られているかだけでなく、同伴する人等への配慮ですから、正しく理解しておくことは、着物美人への一歩だと思います。