えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

難しそうで以外に簡単な、着物のたたみ方を考えよう

誰かに着物を着せてもらい、脱いだ時に戸惑ったことは有りませんか?山の様になった着物一式をどう片付ければよいか悩みませんでしたか?脱いだ直後は、汗などで湿気を帯びていますので、着物ハンガーで干すものですが、出先で脱ぎ着した場合は、取りあえずたたむ必要がありますよね。知らない難しく感じるたたみ方ですが、知っていると簡単にたためるものですよ。

着物は、洋服と違いあまりアイロンをかけません。素人判断でアイロンをかけてしまうと、失敗のおそれがありますので、極力避けた方が無難だと思います。日ごろからシワが残らないように、正しくたたんで保管する事が大切です。着付けが上手くいっても、シワが目立っていては、せっかくの着物姿も残念な姿になりますよ。着物や帯を綺麗に保ち、長持ちさせる為のたたみ方を考えてみましょう。

たたむ場所は、埃などを取り除き綺麗にして、明るい場所で行います。着物はわずかな畳くずなども付いてしまいます。たとう紙を敷いた上でたたむと埃よけになり、最後にたとう紙に入れる際に、型崩れしにくいです。どのようなたたみ方の場合でも、左側に衿肩、右側に裾がくるように置きます。訪問着などの模様部分、礼服の紋部分には、色柄移りを防止する為、半紙など薄紙を当てます。たたむ部分で一番気を付けたいのが、衿です。目に入りやすい、衿胸元を綺麗にたたむ事が決め手になります。衿肩を肩のラインに沿うように内側に、真っ直ぐおります。折った両角を三角になるように形良く折り込みます。

おもなたたみ方の種類として、本だたみ、袖だたみ、夜着だたみ、襦袢だたみがあります。ここでは、基本として知っておきたい、本だたみ、襦袢だたみについて説明します。

本だたみは、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)、羽織のたたみ方となります。①衿肩あきを左にして広げ、衿を内側に折って、下前身頃の脇縫いを折ります。②おくみを衿肩あきから裾まで折り返し、脇縫いと合わせます。③上前身頃のおくみを持って、下前身頃のおくみと内側どうしを合わせます。この時、衿も重ねます。④上前脇縫いを持って、下前脇縫いにぴったり重ね、中心の背縫いできちんと折ります。⑤左袖を、袖付け線より少し身頃よりで外側に折り、身頃に重ねます。⑥右袖も左袖同様に折り、右の身頃に重ねます(下に折込ます)。⑦身頃を衿下から二つに折ります。たとう紙のサイズによっては、三つ折りにします。

襦袢だたみは、長襦袢やコートのたたみ方となります。①肩を左にして広げ、左右の前身ごろを脇縫いの部分で折り、上前を上にして重ねます。②下前身頃の脇より15センチ辺りを更に内側に折ります。下身頃の袖は折った身頃の幅を超えない程度で、折り返します。③上前身頃も②と同様に折ります。この時、左袖は、右袖に重ねます。④身頃の中央部分で二つに折ります。

字面だけで見ると、ややこしそうですが、実際の着物は仕立てられた時に綺麗に折られています。その折り跡通りに折れば良いのです。今は、携帯で簡単に写真も撮れますので、写真に残しておいて、たたむ時のお手本にするのが簡単です。着物は直線裁ちなので、慣れると簡単にたたむ事ができますよ。