えっ…こんなに素敵なものだった!?着物を着る楽しさ教えます

結婚式には礼装が基本!場合によってはカジュアル着物も可能!?

結婚式に招待された場合、着物で出席すると会場の雰囲気がぴりっと引き締まり、かつ華やかさがあるので、お式に華を添えることができ、周りからも喜ばれます。結婚式に着られる着物は決まっていて、結婚式、二次会など、出席するシーンに応じて異なります。礼装には、黒留袖、訪問着、振り袖の3種類があり、新郎新婦との関係、既婚未婚などで着られるものが異なります。

「黒留袖」は、既婚の女性が身内の披露宴に出席する場合に着用する、第一礼装です。新郎新婦の母親のみに限定されている様に感じますが、身内の既婚女性であれば着用できます。黒以外の留袖を、「色留袖」と呼び、五つ紋であれば黒留袖と同格、三つ紋であっても、身内の結婚式に着用できます。一つ紋の色留袖であれば、親族以外の方が着用できます。

『振り袖」は、未婚女性の第一礼装であり、成人式の定番の着物です。振り袖には、長さによって3種類に分けられています。「大振り袖」とは、袖の長さが三尺三寸(約115センチ)の着物のことで、最も格が高いものになります。振り袖を持たれる方は、成人式で着用した着物を、結婚式で着用する人が多いものです。ここで、気をつけておきたいのが、花嫁の着物と重複しないことです。大振り袖は「本振り袖」とも呼び、花嫁衣装として着用されます。花嫁の着物と重ならない為に、招待客は、訪問着や中振り袖などで、控えめな着物を着用することがベストです。花嫁が、洋装のみとか、白無垢のみなどであれば、大振り袖でも問題ないと思います。

「中振り袖」とは、袖の長さが二尺八寸(約105センチ)で、未婚女性の礼装となります。振りの長さを控えているので、大きく注意することはありませんが、色味が花嫁と重なって目立っていないかを事前に確認するのが良いと思います。

「小振り袖」とは、袖の長さが二尺三寸(約85センチ)で、パーティーなどに気軽に着られますが、これも立派な礼装ですので、結婚式にも着用して問題有りません。

最近の結婚式のスタイルはさまざまです。フォーマルな結婚式もあれば、カジュアルな結婚式もあります。身内の人は、正礼装で出席するのは当たり前のことですが、招待客はどのような格好が良いと思いますか?未婚の若い世代の人に多いのですが、着物をドレス感覚で、好きな様に着飾って参加する人がいます。実際に参加している人を見ました。みごとに、花嫁より目立っていました。本来結婚式は、おしゃれを楽しむパーティーではありません。礼装して、新郎新婦両家への礼をつくす場所になります。場違いな着物は、招待してくれた、新郎新婦が恥ずかしい思いをすることになります。昔に比べて、好きなものを着ていられる時代ですが、結婚式などの改まった席では、昔からの礼儀作法を守る様にしましょう。ただし、二次会やパーティーで、「平服でお越し下さい」などとあった場合は、礼装では重すぎますので、好きな着物を着て出かけましょう。